名古屋大学比較人文学研究室のお知らせ

compar.exblog.jp ブログトップ

予定



名古屋大学 東山キャンパス 文学部棟へのアクセスはこちら→名古屋大学キャンパスマップ
名古屋大学キャンパスマップの11番が文学部棟、69番が野依記念学術交流館です。
[PR]
# by hikaku-jinbun | 2014-12-31 00:00 | 目次

人類文化遺産テクスト学研究センター主催 公開講演会のお知らせ

人類文化遺産テクスト学研究センター主催 公開講演会を以下の通り開催いたします。

2014年8月8日(金)15:00~17:00
会場:名古屋大学全学教育棟406号室
 
「韓国・台湾における日本語日本文学の諸問題」

◆梁 慶模(木浦大学)
  日本語教育と国際交流  

◆曹 景惠(国際日本文化研究センター)
  三聖派遣説からみる無住の思想傾向  

※終了後に懇親会を開催いたします。

f0110127_1659032.png

[PR]
# by hikaku-jinbun | 2014-08-05 16:59

人類文化遺産テクスト学研究センター 公開セミナーのお知らせ

人類文化遺産テクスト学研究センター主催 公開セミナーを以下の通り開催いたします。

2014年7月17日(木)17:00~19:00
会場:名古屋大学文学部棟 大会議室
 
f0110127_1759972.png

◆畝部 敏也(名古屋大学文学研究科)
  『仏頂尊勝陀羅尼』関連の新資料について

◆佐々木 大樹(大正大学非常勤講師・智山伝法院常勤講師)
  法隆寺貝葉「仏頂尊勝陀羅尼」をめぐって
  -特に松浦史料博物館所蔵『大倭國法隆寺所蔵貝多羅梵経』に注目して-

※終了後に懇親会を開催いたします。


〈発表要旨〉

*『仏頂尊勝陀羅尼』関連の新資料について/畝部 敏也*

数多の仏典の中で最も広く信仰を集め、多く関連する文物が残っているものは何か。

有名な大乗経典である『法華経』でも『般若心経』でもなく、
意外なことに、『仏頂尊勝陀羅尼』という小テキストであろう。

今回の発表では、近年行っているタイに伝わるパーリ語写本研究の成果として、
この『仏頂尊勝陀羅尼』の因縁譚をパーリ語で伝えるUṇhissa-vijayaについて報告する。

また、パーリ語写本研究の一環として、日本に古くから遺される、
タイより伝わったと思われる貝葉写本の調査も行っているが、
去る2014年3月に平戸松浦資料館で行った調査研究のなかで、同館に伝わるパーリ語写本が、
鎖国前にアユタヤからもたらされたと思われる貝葉写本の精巧なレプリカであることを発見した。

このパーリ語写本とともに、
法隆寺に伝わる有名な梵文貝葉写本(『仏頂尊勝陀羅尼』を含む)のレプリカも発見したが、
これらのレプリカの作成には、松浦静山及び木村蒹葭堂といった著名な人物も関わっていると思われ、
大変興味深い。この点についてもあわせて報告する。


*法隆寺貝葉「仏頂尊勝陀羅尼」をめぐって
 -特に松浦史料博物館所蔵『大倭國法隆寺所蔵貝多羅梵経』に注目して-/佐々木 大樹*

「仏頂尊勝陀羅尼」(uṣṇīṣa-vijaya-dhāraṇī)は、
中央~東アジアにおいて広く流通した密教典籍であり、日本でも盛んに信仰された。

本発表では、日本に伝来された仏頂尊勝陀羅尼の資料のうち、
法隆寺所蔵「梵本心経并尊勝陀羅尼」(法隆寺貝葉:国宝)について取り上げる。

最初に仏頂尊勝陀羅尼の概論として、経典や陀羅尼の内容や相互関係について触れる。
その上で法隆寺貝葉に注目し、その模写である浄厳(1639~1702)『貝葉訳経記』、
宗淵(1785~1859)『阿叉羅帳』、さらに松浦史料博物館所蔵『大倭國法隆寺所蔵貝多羅梵経』と比較し、
テクストの相互関係、伝承の系譜等を探る。
[PR]
# by hikaku-jinbun | 2014-07-15 17:59

国際研究集会のお知らせ

「アジアの中の日本文化」研究センター主催 国際研究集会を以下の通り開催いたします。

「東アジア文化遺産をめぐる交流と形成-イメージとテクスト-」
2014年3月7日~9日

3月7日(金) 会場:名古屋大学全学教育棟4階会議室

13:30~15:00 講演
 ロナウド・トビ(イリノイ大学教授)
  名古屋を訪れた朝鮮通信使の海外-「朝鮮通信使歓待図屏風」を読む-
15:30~16:30 ラウンド・テーブル

3月8日(土) 会場:名古屋大学全学教育棟4階会議室

11:00~12:00 オープンレクチャー
 人類文化遺産テクスト研究センターへの提言
13:30~15:00 講演
 ブライアン・ルパート(イリノイ大学教授)
  聖教、修行者ネットワークとその移動-修学文化と中世日本仏教「聖典」形成の再考-
15:30~16:30 ラウンド・テーブル

3月9日(日) エクスカーション 場所:松本市(馬場家住宅など見学)


f0110127_15143191.jpg
[PR]
# by hikaku-jinbun | 2014-02-28 15:14 | 科研研究会

2013年度比較人文学先端研究特別演習公開研究集会(クリスマス研究会)のお知らせ

比較人文学先端研究特別演習公開研究集会(クリスマス研究会)を以下の通り開催いたします。

「書物の王国」
12月21日~23日

12月21日(土) 「愛知の文庫の近代」
会場:西尾市岩瀬文庫(愛知県西尾市)
    西尾駅から徒歩20分、西尾口駅から徒歩13分
時間:13:00~16:30

塩村耕(名古屋大学教授)
 岩瀬弥助と岩瀬文庫―悉皆調査を通して見えてきたこと―
藤井奈都子(愛知大学非常勤講師)
 羽田八幡宮文庫の図書館活動について
長谷川端(中京大学名誉教授)
 河村文庫と村上文庫の特色

司会進行:阿部泰郎(名古屋大学教授)

※発表順は当日変更される可能性があります



12月22日(日)・23日(月・祝)「愛知の文庫と典籍―その豊饒なテクストの世界を探る」

=12月22日(日)=
会場:名古屋大学文系総合館7Fカンファレンスルーム
13:00~18:00

野村辰美(熱田神宮文化研究員)
 熱田神宮の典籍について
阿部泰郎(名古屋大学教授)
 真福寺大須文庫と猿投神社の典籍
桐原千文(蓬左文庫文庫長)
 蓬左文庫蔵書と愛知教育大学付属図書館所蔵尾張藩旧蔵書について
高橋享(名古屋大学名誉教授)
 古今著聞集の絵入り本-チェルヌスキ本を中心に

※18:00~20:00 懇親会


=12月23日(月・祝)=
10:00~12:00
ワークショップ「奥三河の儀礼・芸能とテクスト」 
 ・松山由布子(名古屋大学文学研究科博士研究員)
   奥三河の宗教文化と文字記録―花太夫家所蔵文献を通して―
 ・花祭資料の閲覧

13:30~17:00
三好俊徳(名古屋大学文学研究科研究員)
 一宮龍光寺所蔵大般若経について―外宮と真福寺
井上和歌子(文学博士)
 大須文庫所蔵『倭名類聚抄』調査から見える文庫に関わる事柄
牧野淳司(明治大学准教授)
 大須文庫所蔵の表白集について
阿部泰郎 総括
[PR]
# by hikaku-jinbun | 2013-12-18 10:59 | 科研研究会

比較人文学先端研究特別演習公開研究集会(クリスマス研究会)2012のお知らせ

比較人文学先端研究特別演習公開研究集会(クリスマス研究会)を以下の通り開催いたします。

『中世音楽・音声の世界像』 チラシはこちら(*別窓表示)

=== 12月22日(土) ===
11:50~12:00 挨拶
12:00~16:00(途中小休憩あり)
・猪瀬千尋(名古屋大学大学院博士課程後期 /日本学術振興会特別研究員)
  王権は夢想する―後白河法皇の身体と音声―

・M・ジャメンツ(京都大学講師)
  宗性書写「普賢講式」をめぐって

・菊地大樹(東京大学史料編纂所准教授)
  中世における如法経供養の展開

・柴佳世乃(千葉大学教授)
  読経の音曲

16:30~ 国立歴史民俗博物館共同研究共同企画
・松尾恒一(国立歴史民俗博物館教授)
  歴博研究映像2011年度制作
  「比婆荒神式年大神楽」上映と解説
  (コメンテーター:ブライアン・ルパート)

=== 12月23日(日) ===
中世音楽史研究の現在
    ―上野学園大学日本音楽史研究所の活動から―

10:00~12:00
・福島和夫(上野学園大学日本音楽史研究所 所長・特任教授)
  日本音楽史研究の百年

・櫻井利佳(上野学園大学日本音楽史研究所研究員)
  法深房藤原孝時について

・中原香苗(神戸学院大学准教授)
  狛氏における家と秘伝の相 ―『竹儛眼集』を中心に―

13:50~15:25
・三島暁子(上野学園大学日本音楽史研究所研究員)
  伏見宮貞成と豊原郷秋

・磯水絵(二松學舍大学教授)
  『源氏物語』の音楽を考える ―『舞楽要録』より―

15:40~17:45
・新井弘順(上野学園大学日本音楽史研究所研究員)
  金沢文庫の声明史料について

・福島和夫
  中世楽人の諸相

18:00~  懇親パーティ
(サービスルーム、参加費:3,000円(学生:1,500円))
[PR]
# by hikaku-jinbun | 2012-12-04 19:34 | その他

「古事記1300年 大須観音展」 のお知らせ

「古事記1300年 大須観音展」 のお知らせ

日時: 2012年12月1日(土)~2013年1月14日(月祝)
場所: 名古屋市博物館にて開催されます。

公開シンポジウム「大須文庫・秘密の扉を開く」
日時: 12月16日(日) 13時〜16時30分( 12時30分開場)
場所: 博物館講堂
 阿部 泰郎(名古屋大学教授)
 稲葉 伸道(名古屋大学教授)
 上川 通夫(愛知県立大学教授)
 牧野 淳司(明治大学准教授)
 米田真理子(神戸学院大学准教授) ほか

詳細はこちらのチラシ(*別窓表示)を御覧下さい。
[PR]
# by hikaku-jinbun | 2012-11-16 20:39 | その他

原山(はらやま)さまを語ろう-上社御射山祭調査報告会-

以下の内容で自主研究会(講演会)行ないます。長野県諏訪での開催ですが、お暇がございましたら、是非ご参加ください。

原山(はらやま)さまを語ろう-上社御射山祭調査報告会-

解説:
 諏訪大社の例祭である上社御射山祭は、「原山さま」として、二才になった子供の健康を祈願するお祭りとして知られていますが、その他にも上社本宮を出発した神輿が茅野市~原村~富士見町をめぐっていく祭りでもあります。私たち院生3名は2008年から上社御射山祭の調査を始め、この度4年間の調査を基に報告書を作成しました。拙い内容ではありますが、報告書を基に講演を行い、ご参加の皆様と一緒に御射山祭について考えることができれば幸いです。是非ご参加ください。

場所:富士見町コミュニティプラザ大会議室(長野県諏訪郡富士見町 JR富士見駅東口徒歩2分)

日時:2012 年3月17日(土) 13:00~15:45

13:00 開会の言葉

13:05 ごあいさつ

13:10 上社御射山祭調査と報告書について

13:20 「原山を駆ける神輿-上社御射山祭の現在」
石川俊介(名古屋大学文学研究科博士後期課程)

13:50 休憩

14:00 「原山の土地利用と御射山祭-開拓と祭りの奉仕」
下本英津子(名古屋大学文学研究科博士後期課程)

14:30 「諏訪大社上社御射山祭と山の神-狩猟文化と祭り」
鈴木良幸(名古屋大学文学研究科博士後期課程)

15:00 休憩

15:10 座談会

15:40 閉会の言葉


主催:名古屋大学諏訪文化研究会
共催:ステップアップゼミ
後援:原村
   富士見町教育委員会

問合せ先 Email:syunpusyunsuke(a)hotmail.com(石川)
[PR]
# by hikaku-jinbun | 2012-03-17 13:00 | その他

 アジア・アフリカ学術基盤形成事業 第6回国際シンポジウム『21世紀アフリカの創造』

マリのバマコ大学からナフェ・ケイタ准教授をお招きし、

21世紀に突入したアフリカの現代的動態について議論を行います。

ご多忙中とは存じますが、是非ともご参集くださいますようご案内申し上げます。



■シンポジウム名

 アジア・アフリカ学術基盤形成事業

 「伝統的生活様式の崩壊と再宗教化をめぐる現代アフリカにおける宗教動態」

  第6回国際シンポジウム『21世紀アフリカの創造』



■日時 2011年2月18日(土)

     ~ 2月19日(日)



■場所 名古屋大学文系総合館7階オープンホール
[PR]
# by hikaku-jinbun | 2012-02-18 13:30 | 外部研究会情報等

公開シンポジウム&実演「花祭の保存・伝承と地域連携Ⅰ -花祭の世界を受け継ぐために-」

公開シンポジウム&実演「花祭の保存・伝承と地域連携Ⅰ -花祭の世界を受け継ぐために-」が平成24年1月21日(土)、22日(日)に名古屋大学で開催されます。

花祭は、700年以上前から天竜川流域に伝承されてきており、国の重要無形民俗文化財第1号の指定を受けた、三河山間地域を代表する伝統芸能であります。(現在、愛知県内15地区で開催)

ついては、ダイナミックな花祭の実演(東栄町中設楽地区、豊根村下黒川地区)などが行われる今回のシンポジウムを公開で行い、一般の方々に花祭に対する興味を一層深めていただくとともに、この祭礼が直面している問題について一緒に考えるため、広く参加者を募集します。

なお、この事業は「平成23年度文化庁文化遺産を活かした観光振興・地域活性化事業」の交付を受けて実施しています。

日時 平成24年1月21日(土)午前10時~午後5時30分/1月22日(日)午前9時~午後5時
会場 名古屋大学・野依学術記念交流館
主催 花祭の未来を考える実行委員会(愛知県山村振興室、設楽町教育委員会、東栄町教育委員会、豊根村教育委員会、名古屋大学文学研究科などで構成)
共催 説話・伝承学会、西行学会、日本文化人類学会中部地区研究懇談会
開催概要

(1)趣旨

わが国でもっとも有名な民俗芸能のひとつである花祭は、現在では継承の危機に直面しつつあり、地区によっては廃絶したものもある。こうした状況を受けて、平成23年度から25年度の3か年にわたり、愛知県、北設楽郡3町村教育委員会、名古屋大学が連携し、「花祭の保存・伝承による地域活性化事業」により、記録作成事業(神事・舞の撮影や古文書のデジタル化)、継承事業(伝承への意識を高めるための勉強会の開催)、普及啓発事業(公開シンポジウムの開催)を実施することとなった。

初年度である今年度は、「花祭の保存・伝承と地域連携Ⅰ」と題して、花祭の効果的な継承を考える上での映像記録の意義などについて考えていく。

(2)プログラム

1月21日(土)

9:00   開場・受付

10:00-12:30 セッションⅠ「霜月祭のコスモロジー」

14:00-17:30  セッションⅡ「西行伝承とは何か」

1月22日(日)

8:00     開場・受付

9:00-9:10 名古屋大学総長挨拶

9:15-9:25   「花祭の保存・伝承による地域活性化事業」趣旨説明

9:30-11:30  セッションⅢ「花祭の継承からみた映像記録の意義」

13:30-15:00 花祭実演

中設楽花祭保存会(東栄町)

下黒川花祭保存会(豊根村)

15:00-16:30 パネルディスカッション

「21日・22日両日を総合した討論(聴衆者も含む)」



6 シンポジウム参加者募集

(1)募集期間:平成24年1月12日(木)から平成24年1月20日(金)まで

(2)募集人員:先着200名(各日共通整理券を配布)

(3)応募方法:電話、FAX、往復ハガキ、電子メールにて受付

住所、氏名を記載の上、お問合せ先まで応募してください。



7 お問い合わせ先

〒464-8601

名古屋市千種区不老町名古屋大学文学研究科内

花祭の未来を考える実行委員会事務局

電話&FAX  052-747-6770

E-Mail     hanamatsuri@lit.nagoya-u.ac.jp
[PR]
# by hikaku-jinbun | 2012-01-21 10:00 | 外部研究会情報等
line

新着情報


by hikaku-jinbun
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30